どうしてオンカクをやってるの?

「くりさんは、どうしてオンカクをやってるの?」
”音大生・音楽家のための確定申告講座”、略してオンカク。

ここでは”オンカクが大事にしていること”、そして、

    • どんなことをやってるの?
    • やったら何が手に入るの?
    • どんな感じでやってるの?
    • どんな人がやってるの?
    • どうしてそんなことをやってるの?
    • いつどこでやってるの?
    • これからどうなっていくの?

なんていうお話をしていきます。

1 あなたはこんな悩みをかかえていませんか?

音大生・音楽家のあなたは、
「もらったギャラをどうやって確定申告したらいいのかわからない」
「税金がもっと少なくならないかなあ・・・」
「税金のことで、親とケンカしてしまった」
「調べてみたんだけど、日本語がチンプンカンプン」

なんてことで悩んでいませんか?

そしてそれが気になって、
「不安が音にも表れちゃう」「演奏中の表情にまで出ちゃう」「練習に専念できない」
なんてことはありませんか?

2 オンカクはこれを解決したい

あなたのこんな悩みを解決したくて、オンカクは誕生しました。

さあ、ちょっと思い浮かべてみてください。
今までわからないことだらけだった不安と悩みの種だった“謎の確定申告“。
でも、その謎が解決したことで、あなたの演奏やあなたの音、あなたの表情やあなたの毎日は、いったいどれだけステキなものになるでしょうか?

“具体的で実用的すぎる”ちょっとした”コツ“や”ナイショの裏技“(しかもそれらは、知ってしまえば驚くほど簡単なことなんです)をたくさん知ることで、払う税金が減ったり、戻ってくる税金が増えたりすることが起きたりします。
あなたはそれをどんな楽しいことに使いますか?
新しい楽器?レンタルスタジオ代?レッスン代?
何に使うのかは、あなたが自由に決められます。

3 どんなことをやってるの?

ではいったい、オンカクはどんなことをやっているのでしょう?

3-1 ”音大生や音楽家に特化”した内容のセミナーやトークショー

オンカクは、”音大生・音楽家のための”確定申告講座です。
なので、(あたり前ですが)その内容は音大生や音楽家に向けたものですし、具体的な事例も、“音大生や音楽家たちから受けた実際の相談に基づいたモノ”がたくさん登場します。

ですから、今まで何人もの音大生や音楽家たちから聴いた、
「確定申告の書き方や税金のことを調べても、正直、音大生や音楽家の活動には全然ピンとこないんです」
という不満にも対応できますし、その結果、音大生や音楽家特有の不安や悩みを解決できる、“ピンとくる内容”になっているのです。

3-2 よくある”書き方や作り方のセミナー”ではない

オンカクの準備段階として不安や悩みの相談を受ける中で、こんな声が少なくありませんでした。
それは、
「確定申告書の“書き方や作り方”なら、ネットや本でなんとなくわかる」
「なんならネットに転がっている無料のひな形で、何とか作れる」

そして、
「わたしが本当に欲しいのは、”リアルなあるある”、“損しないコツ”、“得する合法的裏技”、“世の中の実態”、“私のどこにどう役立つのか”、“現場の最先端にいるプロの話”、“ココはマジ気をつけろ”とかそういったことなんです」
と・・・

本当にそのとおりだと思いました。
そして、それに応えるべく、ゼロから創り上げたのが
「オンカク~音大生・音楽家のための確定申告講座~」
なのです。

ですから少なくとも「オンカク基礎編」では、“書き方“の話はまったくしません。
毎日忙しく過ごしている音大生や音楽家たちが、参加するためにひねり出してくれた“貴重で限りある時間”です。
“本当に欲しい“と思ってくれている内容だけを、時間の限りギュッと凝縮してお話しします。
参加者さんからは「参加してよかった」「不安や悩みが解決した」という声を、たくさんいただけています。

4 参加したら何が手に入るの?

あなたは、オンカクに参加したら、どんないいことが手に入るのでしょうか?

4-1 得するコツ、損しないコツ

オンカクが一番大事にしていること、それは、
”音大生や音楽家が、得をすること、損をしないこと”
です。

なので、”お得ですぐにできる簡単なコツ”や”知っているだけで損しないポイント”などを、時間の限りたくさんお話しします。

4-2 世の中の実情

世の中には、あなたの知らないコトがたくさんあります。
その内容や、時には背景を知っていることによって、トラブルを未然に防いだり、リスクに近寄らないようにできるのです。
なので、オンカクではこのあたりのお話もたくさん盛り込んでいます。

4-3 基本的な知識

上の2つを理解するために、最低限必要と思われる基本的な知識もなるべくお話しします。
これを聞いておく、理解しておく(覚えたりしなくても大丈夫です)ことで、コツなどの使い方がさらにうまくいくようになります。

5 どんな感じでやってるの?

では、オンカクのトークショーはどんな感じでやってるのでしょうか?
まずは、参加者さんの感想をご覧ください。

何回も爆笑しているうちに、いつの間にか終わってました
「学校の授業が全部これなら、私の人生変わってました
めっちゃ楽しかったし、目から5枚くらいウロコが落ちた感」
トークも上手いし説明もわかりやすく2時間あっという間でした」
「栗原さんの声が大きくて、とても聞きやすかったし、面白かったです」
「話すスピードやタイミングが絶妙でした!」
「栗原さんの軽妙なしゃべり出しに感動しました」
「大学の先生に、授業の進め方を教えてあげてください」
あれはもう、ミュージカルでしょ」

なんとなく伝わりましたでしょうか?
オンカクは、”楽しみながら学ぶ”ことをとっても意識して、大事にしています。
なので、税金のお話なのに、音楽をたくさん使って、ラジオ番組のような演出とかも使ったりします。

6 どんな人がやってるの?

ではいったい、どんな人なら、”かたっ苦しい税金のお話”を、そんなに楽しくやれるのでしょうか?

6-1 講師は現役バリバリの経験豊富なプロ税理士

講師の栗原は、十数名を率いる税理士事務所の代表所長です。
(税理士業界では、ほとんどの事務所が2~3名規模のため、ウチは比較的大きな規模の事務所になります)

なので、栗原がかかわった、”お客さまが抱えている税金のリアルな不安や悩みの相談”は、過去、延べ数千件にも及びます。
なぜなら、まずは栗原自らが20年以上に渡って、税務や経営の現場で、お客さまの不安や悩みの相談を解決し続けてきているから。
そしてそれだけでなく、こうしている今も、十数名のスタッフからリアルタイムで”新たな不安や悩みの相談”が続々と報告され、解決し続けているからです。

また、お客さまとの“あたたかな人間関係”を重視し、お客さまに余計な不安を感じてほしくないので、ウチの事務所は、この業界では見たことも聞いたこともない、“全員私服”です。
税理士や所員がスーツを着ると、見た目が“必要以上に”カチッとしてしまいます。
その結果、お客さまが緊張してしまうことがわかったので“スーツは来ちゃダメね”としているのです笑

そんなわけで、オンカクは、“あなたが抱えているほとんどすべての悩み”を、素早く、きっちり、あたたかく解決できるのです。

また栗原には、独立開業後十数年で、ゼロから現在の規模まで集客・拡大してきたという実績があります(2004年に開業)。
これは税理士の業界では異例の成長速度であり、その成長に欠かすことのできなかった要素である、集客、WEB、チラシ、ダイレクトメール、ニュースレター、コピーライティング、トーク技術、お客の心理などに精通しています。

栗原が、これらを駆使した“個人や中小零細企業に特化した集客やマーケティング”を得意としているため、オンカクの税務の悩み解決の最中にも、自然とそのノウハウがちりばめられることにもなります。
「税金の相談をしに来たのに、”集客”や”MCトーク”のヒントをもらっちゃった」という参加者も少なくありません。

6-2 講師はセミナー演出のプロで、元オスカープロモーション所属タレント

講師の栗原は、税金や経営の話を楽しく飽きずに伝えるプロです。
“ハリウッドプレゼン®”という商標を登録し、
“難しいセミナーやプレゼンテーションに、ハリウッド映画のような脚本と演出を”
という、世にも珍しい、聞いたこともないような活動を長く行っています。

自らのセミナーの脚本や演出(オンカクはコレにあたります)もやりますし、ハリウッドプレゼン®の”スキルやノウハウそのもの”を伝えるセミナーやコンサルティングも行っており、数万円から数十万円の参加費にもかかわらず、過去の受講者はすでに100名を超えています。
このスキルとノウハウによって、オンカクは参加者さんを飽きさせることなく、不安と悩みを解決できるのです。

また、このハリウッドプレゼン®スタイルでセミナーやプレゼンテーションのトークライブを行い続けていたところ、なんとあのオスカープロモーションから“所属タレント”としてのお声がけが来ました。

そしてタレントとして所属後は、大小さまざまなイベントのMCをはじめ、なんとテレビ通販番組のMCまでさせていただきました。
おかげでそこでは、テレビ番組制作などの裏舞台や、“テレビならではの”エンターテインメント演出のリアルなやり方などの勉強もたっぷりさせていただきました。

こんなわけで、オンカクには“テレビの世界の楽しい演出要素“も、ちょいちょい含まれており、あなたは”税金のトークライブ“に、最後まで飽きることなく楽しみながら参加していられるのです。
そして気がついたら、あなたの不安や悩みが解決しているというわけです。

6-3 講師が音大生・音楽家の悩みをよく知っている

実は栗原は、2014年4月から、東京音楽大学において、“ガムラン”というインドネシアの民族音楽を勉強しています。

現在では、東京音楽大学の指揮科の研修生でもあります

そしてその間に仲良くなった音大生友達は数知れず・・・
一緒にご飯を食べているうちに、自然と税金の不安や悩みを相談されるようになりました。

いつしかその相談内容は、恋愛、就職、試験対策、プレゼンテーション、奨学金対策、コミュニケーション、友人関係、親子関係、コンサートMC、セットリストの設計、集客、はたまた、人生ってなんなんすか!?なんてところまで及んでいきました。
最近では、ガムラン以外の音大生とも、“ご飯を食べては相談“という関係が増えてきています。

また栗原は、音楽ジャンル全般のライブやコンサートにも足繁く通うため、(そしてすぐに仲良しになってしまうため)ミュージシャンの仲良しも数多く存在します。
ここでも、やはりさまざまな不安や悩みの相談は後を絶ちません。

このような背景があるので、音大生や音楽家たちの“リアルな”不安や悩みをたくさん知っているのです。
オンカクはその“不安や悩み解決体験の凝縮版“のようなもの。
ですから、あなたの不安や悩みを解決できるのです。

7 どうしてそんなことをやってるの?

ここまで読んできてくれたあなたは、もしかして今、こんな風に感じてはいませんか?
「こんな内容が無料だなんて、なんか怪しい・・・」
って笑

正直その気持ちもわかります。
実際に過去の参加者さんからも、
「最初はちょっと不安だったんです、あとからツボでも売りつけられるんじゃないかと思って・・・笑
でも、栗原さんから理由を聞いて、安心&納得しました」
なんて感じで打ち明けられました。
しかも何人もの参加者さんから・・・

なので、どうして栗原が、音大生や音楽家に、
“無料でこれだけの内容を提供しているのか”
を、ここでお話しします。

7-1 わが子に注ぎたかったエネルギー
それはひとことで言うと
「わが子に注ぎたかったエネルギーを、誰かに受け取って欲しかったから」
なんです。

栗原は現在54歳、結婚はしていますが子供はいません。
欲しかったけれど子宝には恵まれませんでした。

実際のわが子はあきらめていましたが、そこに現れたのが、音大生たちでした。
前に書いたとおり、栗原は2014年4月から東京音大に通っています。
そこで知り合ったたくさんの音大生たち。
年齢差もちょうどよかったのでしょう、音大生たちは、たくさんの不安や悩み、そして心配事を、真剣なまなざしで山ほど相談してきてくれました。

うれしかったです。
自分にできる、ありったけのモノを出そうとしました。

そんなやり取りをしていく中で、
「ああ、子供がいたら、きっとこんな風に楽しく、そして真剣に一緒に過ごせたんだろうなぁ・・・」
なんてことを思うようにもなっていったのです。

正直、自分の心の中では、勝手にですが、
「この音大生たちは、天が与えてくれた、俺の子供たちみたいなもんだ」
とさえ思うようになっていました。

7-2 きっかけ そしてオンカクへ

そんなある日、音大生の中でも特に仲良しの学生、通称“もりさ”から、確定申告の相談を受けました。
そしてその相談に答えているうちに、もりさから、
「ねえ、これってさ、あたしの友達にも教えてもらうことはできるかなぁ?」
と尋ねられたのです。

目の前がぱぁ~っと、明るくひらけた瞬間でした。

「せっかくだからさ、得意のセミナーやトークライブみたいにやった方がいいのかな?」
俺のツボや得意分野を知り尽くしているもりさは、確信の笑みを浮かべながらそう聞きました。

願ったり叶ったりとはこのことです。
何しろ”子供に注ぎたかったエネルギー”は、もう何十年分の蓄えがあるんですから。
いやそれどころか、音大生たちと触れ合えば触れ合うほど、そのエネルギーは増えていくばかりだったんですから。

7-3 わが子から、お金はもらえない

開催準備はトントン拍子に進んでいきました。
初回のタイトルも「音大生のための確定申告」に決まりました。
そして、”もりさ自身”の手による、あの”アメコミ風イラスト”のチラシもできました。

が、どうやらオンカクの初代主催者になってくれたもりさは、そろそろ参加費のことも気になってきているようです。

気持ちはわかりますし、うれしかったです。
でもね、考えてみてください。
自分にとっては“わが子のような”音大生たち。
どこの世界にわが子に何かを教えるのに、お金をもらう親がいるでしょうか?

栗原にとっては、“わが子たち”の不安や悩みがひとつでも多く解決されて、“わが子たち”の音楽活動が、そしてその大切な人生が、少しでもステキなものになるのなら、それでもう十分、何よりもうれしいこと。
なので、どうしても“わが子たち”と思っている音大生から、お金をもらうわけにはいかなかったのです。

どうして栗原が、こんな内容を無料で提供するのかが、なんとなくわかっていただけたでしょうか?

8 いつどこでやってるの?

さて、ではそんなオンカクはいつ、どこでやってるのでしょうか?

オンカクは現在、

      • 栗原が自主開催
      • 東京藝術大学や洗足学園大学などで、特別授業として不定期開催
      • 頼まれたら、その方と共同開催

というパターンがほとんどです。(2020年3月時点)

なので、今のところ、栗原のこのページや各大学(または、その都度の主催者さん)のHPやSNSなどで、その都度チェックしていただいています。

「見逃しなどがないようにしてほしい」という、ありがたいお話もいただいております。
現在は主に、LINE@にてご案内しています。

LINE@のご登録はこちらをクリックしてね

9 これからどうなっていくの?

オンカクは、将来どんなことをやっていく予定なのでしょう?

9-1 確定申告について

確定申告については、基礎編、中上級編、個別編、実際に書いてみよう編などなど、少しずつ増やしていく予定です。
これまでオンカクは、音大生・音楽家の、確定申告に関する”生の悩みの声”をもとに作ってきました。
だからこれからも、どんな話が、どんな内容が聴いてみたいかなど、どんどん教えてください。

9-2 音楽のビジネス面をサポート

オンカク参加者から確定申告の相談を受けているうちに、段々とそれ以外の相談も増えてきました。
その中でも群を抜いているのは、”事業経営としての音楽”の相談です。
具体的には、お金、集客、演奏内容、演出、トーク、コミュニケーション、プレゼンテーション、ビジネスライティングなどなど・・・

上の方にも書いたとおり、栗原は、自分の会計事務所をはじめとする、個人や中小零細企業の拡大・成長・発展にかかわり続けてきました。
そして、そのノウハウをセミナーやコンサルティングで伝え続けてきました。

なので、近い将来、”そのノウハウを音楽に活かすためのお話”をしていく予定です。
すでに、非公開ですがいくつもの実験を繰り返しています。
音楽専用のビジネスノウハウを公開できる日も近いはずです。

9-3 参加費について

現在、”オンカク基礎編”をはじめとするオンカクコンテンツは、基本的にお金をいただいておりません。
それは、先ほど書いた理由(わが子のような音大生からはお金をもらえない)によるものです。

大事な約束が2つあります。

      • 音大生(学生)と卒業後1年目の方からお金をもらう予定は、今後生まれ出る予定のすべての講座において、未来永劫ありません。
      • ”オンカク基礎編”も、お金をもらう予定はまったくありません。

ですので、将来的には、確定申告の講座にしろ、ビジネスの講座にしろ、”中上級の内容”で、それを受講するのが”学生や卒業後1年目以外の社会人”の場合のみ、料金が発生するかもしれません。

10 おわりに

きっかけは、ひとりの音大生の相談からでした。
でも、もうオンカクは俺のライフワークと化しています。

大好きな音楽と、大好きな音楽家に、自分ができることが役に立てる日が来るとは、全く想像もつきませんでした。

これからどんどん、たくさんの人とかかわっていきます。
そして、その人たちの困っていることを注意深く聴いて、解決していきます。
それを繰り返していくことで、もっともっといろいろなことを提供できるようになることでしょう。

すでにお会いしているあなた
まだお会いしていないあなた

どうぞオンカクに遊びに来てください。
楽しい時間、学びあう時間を一緒に過ごして、共に歩んでいきましょう。

オンカク~音大生・音楽家のための確定申告講座~
栗原邦夫

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP